Event is FINISHED

[4/15夜開催]南アフリカ報告会〜多様性の中で1人1人が”ワクワク”するために必要なリーダーシップについて議論を交わす〜

Description

「自分とは違う様々な人とうまく協力しながら、楽しんでより良いものを創ることができる」

おそらくこれは、誰かと一緒にプロジェクトを行うすべての人が理想とする形なのではないでしょうか。


ですが、多くのチームでは、

「相手の意見が理解できない/メンバーが自分の意見を受け入れてくれない」

「そもそも相手の存在を認めたくない」

「年齢やポジションが違うと発言できる量が違う」

「頭では分かっているが、どうしても相手の言葉を信じきれない」

こんな状態でチームの運営が進められていることがよくあります。



そこで今回のイベントでは、

・「違い」を悪とする風潮もあるが、そもそも人と違うということをどう捉えれば良いのか?

・人との「違い」から摩擦を生むのではなく、楽しさを見出すことはできるのか?

・頭では多様性を良いものと思っていても、実際はどううまく互いに協力していけば良いのか?



といった点をテーマとして、PSJが南アフリカで見て聞いてきた情報・議論してきた内容を共有すると共に、参加者同士で議論し、深掘りすることを目指します。



主な参加対象者

以下のいずれかに当てはまる方に、有意義な会になると考えています。

・多様性のあるチームで働いているが、その多様性をどう生かしてよいのかわからない方

・違った意見を持つ人同士のすれ違いを起こすのではなく、そのやりとりを楽しく有意義なものにするために悩んでいる方

・南アフリカという国自体に興味のある方



参加によって得られること

・多様性が大切だという世論の中で、様々なチームで起きている現状を知ることができます。

・自分のチームの多様性を楽しんで生かしていくために、今自分ができることについての示唆が得られます。



■当日の流れ

※詳細は追ってアップデートいたします。

第一部:南アフリカで見て聞いてきたことのシェア

 「アパルトヘイト克服へ、道半ばの南アフリカ社会」

 「多様性を認める【虹の国】を目指したネルソン・マンデラのリーダーシップ」


第二部:ワールドカフェによる議論

 「互いに大きく異なる人同士が楽しく協働するために、まず自分からできることとは何か?」



■開催概要

日時:415() 19:30-22:00 (19:00 開場)  

場所:英治出版

会費:1,000

定員:25名 ※一旦満席になりましたので、増席しました

主催:PSJ

申込方法:本ページの「チケットを申し込む」より参加登録へお進みください



FAQ

Q:当日は飲食などの用意はありますか?

A:軽食をご用意しております。開始前の会場でも、他社の方などと交流することができますので、ご都合がよろしければ、ぜひ早めにお越しください。



■主催者・本企画に関して

本イベントを主催するPSJPlayful/Serious Journey, on the road of Mandela)は、20173月に南アフリカに行ったメンバーで構成されています。南アフリカの研究をしている世羅を中心とし、「南アフリカの英雄ネルソン・マンデラが、27年間も投獄されながら、アパルトヘイト政策を撤廃させ、大統領になったリーダーシップはどこから生まれたのか」という疑問を持ち、その足跡をたどる旅に出掛けました。


↓PSJ詳細はこちら

https://www.facebook.com/%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%ABPSJPlayfulSerious-Journey-on-the-road-of-Mandela-1320249761346527/

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-04-14 06:58:48
More updates
Sat Apr 15, 2017
7:30 PM - 10:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 5F Japan
Organizer
PSJ(Playful/Serious Journey, on the road of Mandela)
112 Followers